大阪市西成区 大阪 阿倍野区 板金塗装 アンティークベンツワゴン 錆修正 クワジマオート

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 大阪 阿倍野区 板金塗装 アンティークベンツワゴン 錆修正

大阪 阿倍野区 板金塗装 アンティークベンツワゴン 錆修正

 お洒落なベンツワゴンの修理をさせていただきました。

阿倍野区のM様よりアンティークベンツワゴンのサビ修理のご相談をいただきました。全塗装をしたのちのベンツを購入されたということですが、やはり20年くらい前の車両ですので、錆(サビ)が出てきてしまいます。

 リヤフェンダーの下側に大きな錆穴が出来てしまいました。

この年式の車の鉄板は まだまだ防錆処理がされていないので いろんなところが錆びやすくなっています。
しかし その他には気になる程の錆などは無く かなり状態のいい車です。

さて 修理に取り掛かる訳ですが 錆などの修理はいろんな修理方法があります。
確実なのは錆びた鉄板を取り除き そこへカットした鉄板を溶接する方法です。
しかし 溶接のデメリットもあります。
溶接するとういことは 火花が飛びますのでリヤフェンダーの内装のトリムを取り除き室内に火花が
飛び散らないように保護作業が必要です。
鉄板が焼けるので 修理箇所が大きくなってしまいます。
そして作業内容が増えるので見積金額も大きくなります。
メリットは耐久年数が長い事です。

今回 弊社ではエポキシ樹脂を流し込む方法を選択しました。
表面の見える限り錆を削り落とし そこへ流し込みます。
メリットは 脱着工賃などの削減、 溶接をしない事で必要以上の車両自体の劣化を防ぐ。
(溶接をするということは 鉄板表面の処理は出来ますが 内側は焼けたままな訳です。
その内側から また錆が出るということもあります。)

 エポキシ樹脂の塗布

このエポキシ樹脂は簡易なボルトを作れるほど 強度があります。
プラスチック系ですので 叩けば割れますが こういったパターンの成型をするのには
かなり有効な手段と言えます。
樹脂ですのでもちろん錆びることもありませんし
直ぐに穴が空くこともありません。

 パテ修正

樹脂の成型が終わり パテ修正をします。
画像の白い塗装は チッピングを吹き付けた状態です。
ここから 塗装が始まります。

 完了しました。

弊社では国産の旧車なども入庫しますので レストアなどのご依頼も受け付けております。

板金塗装!工賃を20%オフ!

 ご相談やお見積は完全無料!ご新規さま大歓迎

毎月多くの新規のお客様が来店致します。お気軽に
お越しくださいね。誠実で丁寧な接客を心掛けています。

TEL:06-6655-3778

営業日 月曜~土曜日 

休日 日祝 第二土曜日 

営業時間 9時~18時 

(土曜日の終了時間は不定)


メールでのお見積りお問い合わせはこちら

ご相談やお見積は完全無料!ご新規さま大歓迎

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
06-6655-3778
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!